専業主婦でも借りれるカードローン

専業主婦でも借りれる事が一番のおすすめの銀行カードローンについて、メリットとデメリットをご紹介しています。
MENU

銀行カードローンのメリット・デメリット

専業主婦のカードローンについて、当サイトではご紹介していますが、専業主婦に限らず銀行カードローンを利用する時にどんなメリットがあるのか?

 

逆にデメリットはなんなのかをこのページでご紹介したいと思います。

銀行カードローンのメリットについて

 

金利が低い

銀行カードローンのメリットは消費者金融や信販会社と比較すると金利が低いことです。

 

一般的なキャッシングやローンでは限度額が高くなるほど金利が低くなる傾向がありますが、銀行カードローンの場合はもともと限度額が低く、上限金利は15%程度のことが多く消費者金融よりもお得に借りることができます。

 

専業主婦の場合は収入がないため、限度額は低く設定されることが多いのですが、それでも消費者金融と比較すると金利は安い点がメリットですね。

 

プライバシーが守れる

専業主婦が旦那さんに内緒にお金を借りるのはとてもストレスになりますよね。

 

でも銀行カードローンならプライバシーをしっかり守ることができますので、配偶者の同意書や収入証明書を提出する必要はありません。

 

また利用明細などの郵便物も銀行名で送付されますので、封筒を見ただけでは家族はローンだとは気が付きません。

 

さらに心配な場合は郵送でなくWEB明細に切り替えることも可能ため、一切家に郵便が届くことはありません。借り入れの申し込みをした際に旦那さんに連絡がいくこともありませんし、仮にパートで仕事をしている主婦の場合は、在籍確認は個人名で職場に連絡がいきますので安心です。

 

総量規制の対象外

専業主婦でも安心して借り入れができる総量規制外の銀行ローンは、信頼できる金融機関を利用できるため安心して借り入れができますよね。

 

大手の都市銀行を始め店舗を持たないネットバンクでも、カードローンのサービスを行っていますので、近年専業主婦にとっては選択肢は徐々に豊富になっています。

 

即日融資も可能

急な冠婚葬祭の場合など、どうしてもすぐにまとまったお金が必要になることがあります。
銀行カードローンは即日融資も可能なので、最短の場合申し込みをした日にお金を準備することもできます。

 

このようスピード融資を受けるには、カードローンを申し込み銀行に口座を持っていることが条件になる場合もありますので、あらかじめ銀行のウェブサイトで確認しておくとよいでしょう。

 

もしくはすでに口座を持っている銀行でどんなカードローンがあるのか調べておくことも大切ですね。
融資までのスピードが早い銀行ローンですが、銀行によっては申し込みの締め切り時間が決まっている場合、WEB申し込み限定になっていることもあります。

 

自動融資機能がある
 

光熱費の支払い、学校の授業料など銀行口座から自動引き落しにしている方は多いですよね。しかしうっかりして残額不足になってしまうと後で大変です。銀行カードローンは、このような口座の残額不足で引き落としができない場合に、自動的にカードローンから融資を行う「自動融資」と呼ばれる機能があります。万が一の場合にはこのような機能があると専業主婦のやりくりも安心ですね。

 

銀行カードローンのデメリットについて

 

厳しい審査がある

銀行でお金を借りるのはとても壁が高いイメージを持っている方は多いと思います。銀行カードローンは低金利が魅力になりますが、デメリットとして審査が厳しい点があります。審査内容は金融機関では公表していませんが、今までの借入額や収入などのチェック、過去に審査に落ちたことがあるかなど、基準を高くして審査する傾向があります。銀行カードローンの審査落ちした人が消費者金融で借りられることもよくありますので、銀行の審査が厳しいという点は心がまえをしておかないといけませんね。

 

融資に時間がかかってしまうことがある

 

銀行カードローンは、カードの発行に時間がかかり、郵送のやりとりなどで融資まで時間がかかる場合があります。少しでも早くお金を借りたい場合はWEBサイトから申し込みをするとよいでしょう。また銀行によっては無人契約機がありますので、申し込みから契約までその場で簡単にすることも可能です。カードローンは通常ローン専用のカードを使って取引をしますが、カード発行の手間を省きすでにお持ちのキャッシュカード、もしく普通預金のキャッシュカードにローン機能をプラスして使うことも可能です。

 

通帳に借り入れの記録が残る

銀行カードローンは借り入れした記録が通帳に記載されてしまう場合があります。銀行によって異なりますが、通帳のお取引内容に「ゴホンニン」などと書かれて支払いやお預かり金額が明記されてしまいます。通帳に記録が残っては困る場合はATMを利用した方がよいでしょう。

 

普通預金口座との注意したい関係

銀行カードローンを申し込みした際に、その銀行に普通預金口座を作らないといけない場合があります。口座を持っていると銀行担当者にローンの利用がバレてしまうことがデメリットです。銀行によっては口座なしでも利用が可能なところもありますので、どのような関連性があるのか申し込みする際に確認しておきましょう。

このページの先頭へ