信用情報機関 登録情報

借り入れした時に信用情報機関には何が登録されるのかを紹介しています。また信用情報機関とはそもそも何なのかなど、信用情報機関についてもまとめています。
MENU

よくある質問

借入すると信用情報機関に登録されるの?

女性

借入をしたら信用情報機関に登録されます。
そもそも、申し込みをし、審査を受けた時点で信用情報機関に登録はされます。

 

信用情報機関によって多少内容は異なりますが、だいたい同じ内容が登録されます。

 

【個人を特定するための情報】
氏名、生年月日、性別、住所、電話番号、勤務先、運転免許証等の記号番号 等

 

【契約内容に関する情報】
登録した氏名・契約の種類・契約日・貸付日・契約金額・貸付金額・保障額 等

 

【返済状況に関する情報】
入金日・入金予定日・残高金額・完済日・延滞 等

 

【取引事実に関する情報】
債権回収・債務整理・保証履行・強制解約・破産申立・債権譲渡 等

 

【申し込みに関する情報】
本人を特定する情報・申込日・申し込み商品の種別 等

 

この他に、本人からの申告によりコメントを残すことも可能です。例えば本人書類の紛失や盗難等の情報で登録から5年を超えない期間残されています。

 

ちなみに、債務整理や延滞情報、自己破産などの情報も登録されます。
延滞情報は5年程度
債務整理は発生日から5年程度
自己破産や個人再生は10年程度
となっていますが、これも信用情報機関によって異なります。

 

 

クレジットカード

借入をしたら基本的に信用情報機関には必ず登録されますから、あまり気にしない事が大切です。カードローンだけではなくクレジットカードの利用時にも利用の詳細が信用情報機関に登録されます。ポイントなどが目当てで食費や光熱費をクレジットカードで支払っている人は毎回登録され続けていますし、携帯電話やスマートフォンの購入時に機器本体を分割払いで購入したら、それも立派なローンになりますから登録されます。

 

信用情報機関では個人のお金に関する情報が何でも登録されていると思っていてもいいぐらいです。

 

登録されることにビクビクしないでも大丈夫です。むしろ、登録されている内容が重要で返済日を守っていたり、勤務先がコロコロ変わっていたりしないで真面目に働いて、ローンなどの返済日を守っていること。お金に対してルーズでないことが分かるような内容になるようにするようにしましょう。

このページの先頭へ