総量規制

総量規制について調べたことをまとめています。借り入れする前に知っておくと、安心して利用ができます。また、知識として頭の片隅に入れておくと何かの役にたつかもしれません。
MENU

賃金業法の中の1つ総量規制

可愛い女子

総量規制は個人の借入総額が、年収の3分の1までの制限される仕組みのことを言います。

この仕組みにより、借り入れ側の借りすぎの防止、貸付側の貸しすぎの防止をしています。

 

総量規制は賃金業法の1つで、総量規制以外に上限金利の引き下げ・賃金業者への規制の強化があります。個人の利用者が直接的に関係してくるのは総量規制と上限金利の引き下げです。

 

ちなみに、上限金利の引き下げにより法律上の上限金利が29.2%だったのが、借入金額に応じて15%〜20%に引き下げになっています。なのでこれ以上の金利での貸付は認められていません。これ以上の金利を請求された場合は違法業者ですから支払い義務もありません。すぐに弁護士や警察に相談しに行きましょう。

 

貸付金額 〜10万円未満 上限金利 20%
貸付金額 〜100万円未満 上限金利 18%
貸付金額 100万円以上 上限金利 15%

総量規制 概要

総量規制は年収の3分の1までしか借り入れができません。
これ以外にも細かな決まりがあります。

賃金業法は賃金業者が対象の法律です。

なので、信販会社や消費者金融、クレジットカード会社などが対象になります。銀行や信用金庫、農協などは賃金業者ではないので総量規制の対象にはなりません。
「総量規制外のカードローン」は基本的に銀行や信用金庫の商品となっています。

 

総借入額が年収の3分の1を超えてはいけません。

年収300万円の人が借り入れを受ける場合は100万円まで借り入れができます。

 

100万円をA社で借り入れ
100万円をB社で借り入れ
100万円をC社で借り入れ

 

と、借り入れする先の会社を変更したら年収の3分の1の100万円を借り入れできるのではなくて、

 

50万円をA社で借り入れ
25万円をB社で借り入れ
25万円をC社で借り入れ

 

と全ての借入総額が100万円までという意味です。

 

これらは信用情報機関のCRIN(クリン)というシステムで情報交流されていて、申込者がいくらの借入金額があるかを確認することができます。なので、ウソの申請などをしたり、年収の3分の1まで借り入れしているにもかかわらず、他社に申し込みしてもバレてしまいます。

 

総量規制には「例外」「除外」があります。

 

総量規制の除外になる貸付は総量規制の対象外の貸付のことを言います。
例えば、不動産購入時や自動車購入時、不動産担保貸付、高額医療費の貸付などがあります。

 

年収の3分の1の借り入れがあったとしても、例外として貸付ができます。
例えば、配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付、緊急の医療費の貸付、社会的通念上緊急に必要と認められる費用を支払う為の資金の貸付などがあります。

専業主婦と総量規制

美味しく炊けた!

専業主婦がカードローンで借り入れをするときは総量規制対象外の商品を選ばないといけません。年収の3分の1までしか借り入れができないのが総量規制なので、年収が0円の専業主婦は総量規制対象の商品に申し込みしても審査には確実に通らないです。

または審査が不可能と言われてしまう場合もあります。

 

総量規制対象外の商品は銀行や信用金庫などのカードローンですが、銀行によっては取り扱いしていなかったり、専業主婦は申込不可としている場合もあるのでよく確認してから審査をしてもらいましょう。

 

どうしても消費者金融で申し込みしたい場合は、配偶者貸付という商品があります。
扱っている業者も少なく、書類などの手続きが面倒なので貸付側も扱わないですし、必要書類の1つとして配偶者の同意書や年収や収入を証明する書類が必要になってきます。

 

総量規制対象外の商品はイオン銀行やじぶん銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行など大手の銀行で専業主婦申込可能な商品で取り扱いがあるので、利用したい場合は公式サイトなどでよく情報収集して見てください。

このページの先頭へ